妊娠・出産

出産・入院エピソード!陣痛を例えるなら超すごい生理痛。

2019年夏、初めての出産を体験しました!初めての出産にあたり臨月に入ってからは毎日ドキドキだったし、陣痛怖ぇぇって感じだったし、母親に本当になれるのかと不安だったことを思い出します。誰でも初めての体験前はドキドキですよね。ましては「鼻からスイカ」級の痛みを目前にしているわけで(笑)

私の体験談をもとに、出産当日の様子・入院中に役立ったグッズ・会社への報告方法・かかった費用などをご紹介します!

予備情報

  • 里帰り先の総合病院(横浜市内)での出産
  • 第一子
  • 自然分娩
  • 夫に立ち合い出産してもらいました
  • 妊娠中の異常は特になし

出産エピソード

37週と5日で陣痛が来ました!予兆はあった?

おしるしも破水もなく「陣痛」が来ました!ただ、陣痛が来た日の2日前くらいから弱い生理痛のようなものはありました。これが前駆陣痛だったのでしょうか。

そもそも前の週の検診で「子宮口少し開き始めてるのでもうすぐかもね~」なんて言われていました。実際この日の朝は、そんな早く陣痛くるか!?と思っていましたが本当にこの日に産まれちゃったのでびっくりでしたね。赤ちゃんは、予定日より早かったこともあり2700g程度でした!

陣痛時間は14時間半だったが「超痛い」のは約5時間

陣痛スタートの数え始めは「痛みが10分おきに定期的に来るとき」とのことで、私の場合はそうなったのが朝7時でした。『陣痛きたかも』というアプリを使って測っていたら10分きっていましたね。でもこの時は普段の生理痛よりも弱いくらいだったので、いやいや陣痛じゃないでしょーって思ってました。

本格的に超痛くなったのは産まれる5時間前くらいからでしたね。なのでよく陣痛時間を聞くと長いっって思うかもしれませんが、実際は生理痛より弱い程度から始まるので安心してください!!!(※個人差あり)

適度な運動はお産を進めるのに効果的

というのも、この当日の午前中はまだまだ痛みが弱かったので家族で買い物に行きました(笑)。結果論ですが、この買い物による軽いウォーキングがお産を進めたのかなと思います。帰宅して昼食を食べた後14時頃に痛みが6分間隔くらいになったので、病院へ連絡すると「では来てください」という流れになりました。

ちなみにまだこらえられる程度の痛みで、病院に着いた時点で子宮口は4cmまで開いていました(最大10cmまで開きます)。

陣痛中の嘔吐はよくある話なんて聞いてない

病院では実際に産む部屋「分娩室」の前に「陣痛室」という病室で子宮口が開くのを待ちます。出産に備えてごはんを食べようと持ってきたウィダーインゼリーを飲んだり、夫にアイスを買ってきてもらって食べたりしてました。

はじめはそんな余裕があったのに、痛みが強くなってくるにつれ嘔吐に襲われました。途中からは痛みの波と吐き気の波が交互に来る感じで、最終的には胃液まで吐いてました。ちなみにお通じもあったので出産時には私の胃腸はスッカラカンでしたね。

これが正常の反応らしく、赤ちゃんが子宮口に向かって下がってくるので臓器たちは押され、それにより吐き気や便意を催すそうです。陣痛中に吐くという情報は知らなかったので、心構えができておらずかなりきつかったですね。そばで見ていた夫が一番きつそうでしたが・・・。

出産の瞬間は超でかいウ〇チしてる感じ

痛みの間隔が4~5分になり痛みもかなり激しくなってきて、この辺りではめっちゃ叫んでましたね。夫にはおもいっきり腰のあたりをテニスボールで押してもらってました。痛みを例えるなら、生理痛の超超超すごいバージョンって感じでした。

いよいよ分娩室へ移動。ここからは痛みとともにいきんでいきます。これが本当に超でかいウンチしてる感じなんです。いきむっているのが、トイレのそれと同じなんですよね。「下半身」に力をいれるわけなので。これでよいのか!?って感じでしたが先生に褒められたので頑張ってふんばっていたら「ドュルン」って出ました(笑)。分娩室に入ってからは30分くらいのスピード出産でした。安産でよかった・・・。赤ちゃんに会えた瞬間に、もう感極まって痛みとか全部すっとびました。あれは本当にすごい感動だったな。

会陰切開は麻酔の元でやってくれました

会陰切開については出産前かなり気になっていましたが、いざ分娩台の上でその時が来たときはもう切開どころじゃなかったですね。

「切りますね~」って感じで先生が切るんです。麻酔してくれたので痛みは感じることは無かったです!ただ、切開したのに産まれてくる瞬間、さらに裂けたような感覚がありました。先生に実際の所を聞くの忘れてしまったので事実はわかりませんが・・・。

立ち合い出産してもらって本当に良かった

男の力での背中~腰のさすりで痛み緩和

陣痛中は背中から腰にかけてをおもいっきりさすってもらうのが効果的でした。後で聞いた話では手がすごい痛くなっていたらしいので、力いっぱい押してくれていたようです。

さすりだけでなく、嘔吐もあったので病院から借りた洗面器をあててくれたり、本当ぼろ雑巾のようなひどい状況の私を支えてくれました。

出産の瞬間の喜びを分かち合える

立会してくれて本当に良かったなと思ったのが、この出産の感動を共に味わうことができたことですね。この感動は後で説明しても伝わり切れないものがあります

あと生まれた直後のしわしわの我が子は、本当にその時だけなので貴重な瞬間です。写真・ムービーいっぱい撮っておいたほうが良いです!もっと撮るべきだったと後悔しています。

人生初の入院生活の話

6人部屋の生活(母児同室なので実質12人)

私が入院した病院は6人部屋だったので、めちゃめちゃにぎやかでしたね。カーテンで仕切られているのでパーソナルスペースはあるのですが狭いし気を遣いました。

お互い様ですが、赤ちゃんの夜泣き大合唱はなかなかでしたね。いい経験です。

退院していくと真ん中の人は角に移れるという配慮がありました。新しい患者さんが増えなかったので最後は3人部屋になり快適でした。

アドレナリン+夜泣きで2晩徹夜

産んだ日の夜と次の日の夜はほぼ寝れなかったです。超興奮状態であるのと、自分の腹から出てきた得体のしれない生物が気になって(笑)。

毎日めちゃめちゃ写真撮ってました。

股がとにかく痛い

会陰切開の痕はもちろん縫ってあるのですが、めちゃめちゃ痛かったですね。まともに座れないです。病院の椅子はほぼドーナツ型になっていて助かりました。

ちなみに抜糸はなく、自然に溶けるタイプの糸らしいです(何それすごいって感じ)。

会社への報告は産後2日目に電話で

電話可能スペースで報告しました!

産後2日目にはそこそこ歩くこともできていました!私は大部屋だったので電話可能スペースまで移動し、上司に報告しました。もちろん祝福してくれましたよ!!!

出産+入院費用は総額165,430円

出産一時金42万円は直接病院に支払われました

病院によると思いますが、今はこのようなシステムをとる病院が多いと聞いています!病院にもらった申請用紙にサインをするだけで完了です。自分は差額を払うだけでOKという楽々システムです。

自己負担分165,430円を退院時に清算

出産と入院でこれだけかかりました。大部屋のわりに高い。地域や病院によるみたいです!!!ほとんど足が出なかったという話も聞いたことがあります。いいなあ・・・。

役立ったグッズ紹介

テニスボール

夫に腰をさすってもらう時に使用。手でやるよりググっと押せるので効果的でした。夫もボールがあった方がやりやすいと言っていました。100均で手に入ります!

ペットボトルにつけるストローキャップ

ペットボトルの飲料をストローで飲むことができ、ふたもワンタッチで開け閉めできるようになるグッズです。陣痛の間も産後も、結構起き上がることが辛い状況が続くのでとっても活躍しました!これも100均で手に入ります!

まとめ

陣痛はたしかに痛かったです。でもそれ以上に感動が大きすぎて痛み忘れちゃうんですよね。世の中の母親はみんなそうなんだろうな。だからまた産めるんですね。

そして出産と同時に怒涛の育児が始まるので、いつまでも痛かったーなんて言ってられないですね。笑

読んでいただいた皆さんの安産をお祈りするとともに、参考になれば幸いです!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA