家具・家電

【画像あり】分岐水栓を自分で設置して1万円節約!!!

食洗機購入にあたり、必要になる分岐水栓の取り付けに関して、コストを下げるために自分でやることにしました!(夫が必要な工具を持っていたので!)

業者に取り付け工事を依頼すると6,000円〜10,000円くらいかかるとのことで、この工賃を浮かしました!!!

さらに、9,000円近くする分岐水栓をメルカリで3,000円で購入したので、最終的に費用総額は3,000円で済みました!!!

実際に夫がやっているところをみてみると、工具さえあれば意外と簡単にできるなあと言う印象です!

こういう人に読んでほしい!
  • 食洗機の取り付けが自分でできるのか不安な人
  • どんな工具があれば分岐水栓の取り付けができるのか知りたい人

【写真付き】分岐水栓取り付けの様子

準備「水の元栓を閉める」

シンク下の扉をあけると、水道管が見えますよね。そこに元栓を閉めるハンドルがついているので、必ず閉めましょう!

閉めないと、工事中に噴水になります!

水栓の上部分を外す

きりで指している部分に穴がありますよね。ここにきりを差し込み、丸いキャップを外します。

このキャップの部分が外れます。

外すと、中にねじが見えます!プラスドライバーでこのねじを外します。そうするとグレーのレバーが外れます。

こんな感じです。

次に、この蛇口の上の部分を外します。レンチを使い反時計回りに回します(ややかたい)。この時、蛇口のついている下部分をプライヤーを使って押さえます。

写真を撮り忘れてしまったのですが、上の黄色ペンで示したような感じです。傷がつかないよう、布などをあてると良いです。今回はゴムシートがあったのでそちらを使いました。

外れると、このようになります。

分岐水栓を挿入し、元に戻す

分岐水栓を穴の位置を合わせるように注意しながら重ねて閉めます。

その上に先ほど外した水栓を重ねてレンチで閉めます。写真では外側の金属部分ごと付けようとしていますが、うまくいきませんでした。内側のプラスチック部分が外れるので、先にそちらを重ねる方がやりやすいです!

内側のプラスチック部分を重ねた状態が、こんな感じです。

外側部分をかぶせて、レンチで閉めます。

最後に、レバーを戻してねじをドライバーで閉め、キャップを取り付けます。

ホースを取り付け、食洗機につなぐ

ホースと分岐水栓の連結部分を取り付けます。ナットを回すだけで閉まります。

ここにも、栓の開け閉めを変えるレバーがあるので、必ず閉めておきます!閉めたら、シンクしたにある元栓をゆっくりと開けて、水漏れがないか確認します。我が家では1回目パッキンを入れ忘れてしまい、水漏れが起こりました(笑)。

ホースをつなぎます。

食洗機側にも、ホースをつなぎます。そしたら、ホース側の栓をあけて漏れないか確認します。その後、食洗機の取扱説明書に沿って試運転を行い完了です!

今回使用した分岐水栓と工具

①家にある「きり」のような尖ったものならなんでもOK

参考工具はこちら。

②ドライバー

 

③モーターレンチ

 

④ポンプフライヤー

 

分岐水栓については3,000円でメルカリで購入しました。

ネットショップでも売っています!

 

まとめ:自分でやってみる価値はある!!

道具があれば案外自分でできちゃうものなんですね(旦那さんがやってくれるのを記録しているだけですが笑)。

自分でやれたらかなりコストを抑えられます!

初めにも書きましたが、業者に取り付け工事を依頼すると6,000円〜10,000円くらいかかるみたいです。自分で頑張ってみる価値はあります!

興味のある方へ、参考になれば幸いです!!

賃貸にも置ける「プチ食洗np-tcr2」買って本当に良かった話育休からの復職を機に家事の負担を減らすべく、前から気になっていた食洗機を購入しました! 使いこなせるのか自信がなかったので、メルカ...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA