ねこと暮らそう

デオトイレワイドで猫2匹は飼える!デオトイレに合う安価なペットシーツもご紹介!

我が家では2匹の猫を飼っております。

雑種で約3kgと約4kgくらいの大きさ。

今までは鉱物タイプの固まる砂を使っていましたが、粉塵が舞って周りの家具や床が汚れたり、トイレの度に砂が運ばれ、部屋中に落ちているような状況でした。

赤ちゃんと過ごす部屋を考えたときに、なんとか解決したくシステムトイレに変えました!

そしたら今までの悩みがすべて解決!

そんなシステムトイレのレビューをしていきたいと思います!

こういう人に読んでほしい!
  • システムトイレが気になっている方
  • ユニ・チャームペットのデオトイレワイドが気になっている方
  • システムトイレのシーツで安いものを探している方

システムトイレとは?

2層構造になっていて、上の層に砂、下の層にシーツを敷きます。

システムトイレ用の砂はおしっこを吸わずに貫通し、下にあるシーツで受け止める形。

そのため、おしっこの度に砂を片付けをする必要がなくなり、シーツだけ交換すればお手入れ完了となります!

ただしうんちはそのまま砂の中にあるので、取る必要があります。

我が家で使っているのは「デオトイレ ワイド」

なんでデオトイレワイドにした?

口コミを読んでいたら、猫はトイレは広いほうが好むということで選びました。

なんとかシステムトイレに移行したかったので。

今までは一般的なサイズの猫用トイレ(リッチェル)を2つ置いていましたが、ワイドを1つだけに変えました。

大きさもちょうど倍だったので、今まで置いていたトイレスペースにワイドタイプが入りました!

あと、壁が結構大きいというのも選んだ理由です!飛び散らせたくなかったので。

かといってドーム形状の扉がついているようなタイプは、使ってくれなさそうな予感がしたのでやめました。

無事システムトイレをつかってくれました!

前のトイレが近くにあると、どうしてもそっちに行ってしまうと説明書にも書いてあったので思い切って隠し、システムトイレを使ってくれるかウォッチングしました。

はじめは、においをかぎに行って興味を示すものの、なかなか使ってくれませんでしたが6時間後くらいにようやくおしっこを!

次の日にはうんちもしてくれ、そのまま無事に移行完了しました。粗相もなく、本当に良かった良かった。

気になるにおいは?

備え付けの純正サンドと純正シートを使ってみての感想です。

おしっこのにおいは全然気になりません!

純正シートは1週間取り換え不要とのことで、1週間放置したのですが全くにおいがしませんでした。

漏れることもありませんでした(しかも本当は1匹の場合で1週間と書いてある)。

トイレの上からのぞき込んでも大丈夫なくらいにおわないです。すごい。

うんちはさすがに、ほぼむき出し状態になるのでにおっちゃいますね。仕方ないです。

お手入れ方法は?

うんちはその都度とる。おしっこは週に1度シートを取り換える。終了!楽!

シートはワイドサイズでも通常のサイズの物と同じシート1枚で受け止めることができる構造になっています!

我が家では月に1度、丸洗いをして砂を全取り換えしています。

1か月くらいすると砂が元の色から若干濃いめの色になります。

ねこまつげ
ねこまつげ
あんまりにおわなかったら1か月半くらい空けちゃうときもありますけどね。

うんちをとる時若干砂が減りますが、我が家では全取り換えの時まで足していません。

取扱説明書には、その都度減った分だけ足すように書いてありますが・・・。

システムトイレのメリット!

砂が飛び散らなくなった!

以前使っていた砂は小粒だったため、家じゅうに散らかってしまっていたのですが、それが圧倒的に減りました!

まったくのゼロまではいきませんでしたが、落ちていてもトイレのそばだけで、1日に5粒ほど。粒が大きいので、猫ちゃんの指の間に入りにくいんですね。

以前使っていた砂は鉱物タイプで、砂の粒だけでなく粉塵がかなり舞ってしまっていたんです。

床はザラつくし、周りの家具にも積もるし、不衛生だなあって思っていました。

デオトイレの砂はゼオライト&シリカゲルという素材で「粉立ちカットコーティング」というのがされているそうで、全然粉が舞いません。これが本当に嬉しかった!

お手入れが楽!

固まる砂タイプの時は、固まったおしっこを取らなければなりませんが、それが無くなるんです!

ゴミも減るし最高です!

システムトイレのデメリット

猫ちゃんによっては、気に入ってくれない

システムトイレに限らず、好みはあると思いますが、私の友人宅のねこちゃんはシステムトイレを使ってくれなかったそうです。

システムトイレは花王の「にゃんとも清潔トイレ」というのもあり、小粒タイプの砂もあるみたいですので、いろいろ試すとどれかハマるかもしれません!

システムトイレのランニングコストは?

猫砂(サンド)は純正を使用

2Lと4Lタイプがありますが、ワイドには4L入れる必要があります。

思ったよりスカスカで足りなさそうに見えますが、大丈夫です。

1,087円/4L(我が家の周辺のお店での最安値)。これで1ヶ月もちます。

消臭シートは犬用「デオシート」を使用

純正のシートは高いんですよね。1枚70円くらいします。週に1度交換するので、月4枚で280円です。

我が家では、犬用のデオシートを使って代用しています!サイズもぴったりいけます!

実際につけた写真がこちら。

1,518円(税込)/112枚入(我が家の周りのお店の最安値)。

つまり1枚14円いかないくらいです。においは全然平気でした!

ただ、吸収量があまり大きく無いので週に3回取り替えています。

よって月に12枚使用で168円です!

まとめ:1か月でかかる費用は1,255円!

<内訳>

サンド…1,087円

シート…168円

合計…1,255円

今までは、固まる砂5.5Lを1週間に1つ使うペースで無くなっており、月約2,000円かかっていました。

これはかなりのコスト削減になりました!

おまけ:トイレ袋紹介

トイレ袋:「BOS におわない袋」

臭わない袋と言ったらBOS一択ですね。高いですけど、完璧に臭いをシャットアウトしてくれます!

ちなみに猫用だけでなく、犬用、赤ちゃんのオムツ用などあり、また袋のカラーもいろいろありますが、全て袋の機能は同じなんだそうですよ!(公式ページに記載あります!)

まとめ

システムトイレは気に入ってくれるか次第ですが、猫のトイレ事情に関するストレスが大幅に軽減されるので本当にオススメです。

今回紹介した商品はこちら。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA